医師や弁護士を頼る

後遺障害の等級認定をしたいならば、2つの方法があります。1つは被害者が自分で申請手続きをするという方法です。もう1つは相手方の保険貸家に頼むという方法です。基本的には被害者が請求するべきでしょう。その方が正確な等級認定がされる可能性が高いからです。また、早く自賠責保険金を受け取ることができます。

弁護士交通事故で後遺症が残り、認定を請求する際には弁護士に相談をすると良いでしょう。弁護士であれば通院中にアドバイスをしてくれます。これによって医師がカルテに記載される内容をコントロールできるでしょう。これによって、後で認定を受ける際に有利になります。また、症状固定時の判断もしてもらえます。漠然と通院をしているとどのタイミングで症状固定をするべきか迷ってしまうでしょう。弁護士であれば、どの時期に症状固定をするべきか適切なタイミングを判断してくれるでしょう。

また、弁護士であれば後遺障害診断書を作成することができます。これによって、より認定を受けやすい内容の書類を作成できるようになるでしょう。この診断書はとても大切なものです。これが認定の成否に大きく影響を与えます。診断書はきちんと弁護士の目を通しましょう。

また、認定の結果に対して不服のある場合に異議申し立てをする際にも弁護士は役に立ちます。このようにさまざまなサポートをしてくれます。

医師や弁護士を頼る