医師や弁護士を頼る

後遺障害の等級認定をしたいならば、2つの方法があります。1つは被害者が自分で申請手続きをするという方法です。もう1つは相手方の保険貸家に頼むという方法です。基本的には被害者が請求するべきでしょう。その方が正確な等級認定がされる可能性が高いからです。また、早く自賠責保険金を受け取ることができます。

弁護士交通事故で後遺症が残り、認定を請求する際には弁護士に相談をすると良いでしょう。弁護士であれば通院中にアドバイスをしてくれます。これによって医師がカルテに記載される内容をコントロールできるでしょう。これによって、後で認定を受ける際に有利になります。また、症状固定時の判断もしてもらえます。漠然と通院をしているとどのタイミングで症状固定をするべきか迷ってしまうでしょう。弁護士であれば、どの時期に症状固定をするべきか適切なタイミングを判断してくれるでしょう。

また、弁護士であれば後遺障害診断書を作成することができます。これによって、より認定を受けやすい内容の書類を作成できるようになるでしょう。この診断書はとても大切なものです。これが認定の成否に大きく影響を与えます。診断書はきちんと弁護士の目を通しましょう。

また、認定の結果に対して不服のある場合に異議申し立てをする際にも弁護士は役に立ちます。このようにさまざまなサポートをしてくれます。

医師や弁護士を頼る

後遺障害の認定

交通事故の被害によって後遺症が残ることがあります。これには身体的なものから精神的なものまで含まれます。この後遺症が認定されたものが後遺障害です。等級認定というものがあり、どの等級になったかによって慰謝料を請求する際の基準が異なるのです。

認定この後遺障害の認定を受けるためには事故と後遺症に因果関係があることを証明しなければいけません。それを立証するための資料を用意する必要があるのです。後遺障害として認定される後遺症は非常にたくさんの種類があります。高次脳機能障害や四肢麻痺、寝たきり、精神障害などです。

後遺障害には1から14級までの等級があり、さらに140種類35系列の後遺障害が分類されているのです。交通事故の被害による後遺障害の症状や程度というのはもちろん個人差があります。まったく同じ後遺症を負う方はいないでしょう。しかし、それらの被害による損害を個別に算出していくことはとても難しいでしょう。そこであらかじめ基準が決められており、それぞれのケースにおいてどの等級に当てはまるのかが審査されるようになっているのです。これが後遺障害等級の認定と呼ばれるものです。認定を受けることによって賠償金を請求する際の基準が決まるのです。

後遺障害の認定

交通事故の後遺症

交通事故はとても怖いものです。日本中で交通事故は起きています。昔よりもその件数は減っているのですが、今もなくなっていません。交通事故の被害は大きくなりやすいのが特徴となっています。車という危険なものがかなりのスピードでぶつかってくるからです。それによって怪我をしてしまったり、最悪の場合には死に至る可能性もあるのです。

後遺症また、交通事故はたとえ軽症に済んだとしてもそれで安心することはできません。なぜならば、後遺障害が残っている可能性があるからです。後遺障害というのは後遺症のことであり、交通事故の被害を受けたことによって、さまざまな影響が出てしまうのです。身体の一部が欠損してしまったり、動かしにくくなってしまうことがあります。あるいは精神的に影響が出てしまうこともあるのです。後遺障害に苦しんでいる方はたくさんいます。

交通事故で後遺症が残ってしまったならば、それについて損害賠償を請求することが可能です。もちろん、お金ですべての問題を解決できるわけではなく、たとえお金をもらったとしても納得できないという方はいるでしょう。それでも、後遺症によって仕事にまで影響が出てしまう可能性もあるため、お金はしっかりと請求するべきでしょう。

こちらでは交通事故の被害による後遺症について紹介しましょう。どのような種類の後遺症があるのか、また、後遺障害の認定についても解説しましょう。誰もが関わってしまうかもしれない交通事故の被害について、後遺症に注目します。

交通事故の後遺症